資料の紹介

 PCやインターネットを使ううえで避けて通れない情報漏洩の問題。一般的に情報漏洩はその原因の約8割がヒューマンエラーに因るものといわれる。ところがテレワークや在宅勤務の増加により、社外での作業時に情報を流出させてしまうケースが増えている。一例として、社外からクラウドサービスを利用した際にクラウド経由で機密情報を露呈させてしまう事故、SNSの誤操作で誤って個人情報を公開しまう事故、社外での作業時にPCの画面を他者にのぞかれてしまい情報流出、など枚挙に暇がない。テレワークなど社外でPCを使った業務を行うのが一般的となったことで、情報漏洩対策はテレワーク時代に即した仕組みの導入が求められる。

 本特集「情報漏洩対策」では、機密情報の流出防止と被害拡大を最小限にとどめるためのソリューションに関する最新情報を紹介。近年増加中といわれるクラウドサービス利用時での情報流出を防ぐためのソリューション、ログの管理・分析・事前検知によってセキュリティ強化を図るログ管理基盤など、抑制、監視の両面から事故減少を目指すものとなっている。