資料の紹介

 働き方改革が少しずつ浸透し始めてきたなか、労働時間の短縮や効率化を求める動きが進んできている。そうしたなか、業務の効率化と改善が迫られているのがExcelを使った業務の数々。データの入力から集計、管理、分析など、いまでも多くの業務でExcelが使われているが、使い勝手が良い反面、使い方が属人的になりやすく多数のメンバーがかかわる業務で使うには不向きであるのも事実。そうした点からもExcel業務の効率化は働き方改革を推し進めるうえでの重要課題といっても過言ではない。

 本特集では、Excel業務の効率化、省力化をサポートする専用ツールを紹介。実際に導入して効率化を実現した事例を取り上げつつ、ツール導入が工数削減や時間短縮、業務改革にどう効果をもたらしたのかを解説している。専用ツールの導入でマクロを使わなくとも自動化が実現できるようになり、担当者を選ばずにメンテナンスが行えるようになったなど、Excel特有の属人的な課題が解消されたという点は注目してもらいたい。