資料の紹介

 コロナ禍のいま、政府からは出勤者7割減の目標のためテレワーク導入が強く求められるなど、テレワークによる働き方は一時的なものではなく恒常的に続くことが予想される。しかし、そこで気になるのが外部アクセス増加に伴うセキュリティリスク増大の問題。特にシステム運用時に必要となる特権IDの管理が不十分だった場合、機密情報の漏えいやシステムの機能停止など企業に大きな損害を与えることが予想される。

 強力な権限を有する特権IDは、その権限の強さゆえIT統制・内部統制の監査においてもチェック対象となるため、厳格な管理体制を構築することが必須となってくる。多くの企業がすでに特権ID管理に取り組んでいるなか、まだ何も整備されていないのであれば速やかに検討を進めるべきだろう。本特集は、特権ID管理の重要性や必要な管理体制を理解し、最適なソリューションを導入するための検討資料を用意。テレワークが広まるいまこそ、システム管理の要を守る仕組みはぜひ取り入れてもらいたい。