資料の紹介

 いまやビジネスはスピードが求められる時代。システム開発も例外ではなく、開発期間や工数の短縮が求められるようになっている。しかし、システム開発に携わるエンジニアは常に不足しており、そうした需要に応えることが難しいとされてきた。そうしたニーズに向けて注目されているのが開発支援ツールなどを活用したローコード開発である。ローコード開発はプログラミング言語を使わずに構築ができるため、エンジニアのいない現場でもシステム開発が行えるなど、開発期間や工数の短縮が可能となるなどそのメリットは絶大だ。

 もちろんローコード開発を活用にするにあたっては、開発ツールの役割や特性をきちんとつかんだうえで開発を進めることが重要。本特集ではシステム開発で注目集めるローコード開発の最新情報をキャッチしてもらえる資料2点を用意。コロナ禍により急遽システム化が必要となった業務をローコード開発で対応した事例などが紹介されており、従来のシステム開発では難しかった問題解決が期待できる。