資料の紹介

 まだクラウドサービスが一般的ではないころ、データはPC内のHDDやサーバー上で管理されており、データ消失などの不測の事態に備えてバックアップを取ることが日常的に行われていた。しかしクラウドサービスが普及し、個々のデータの管理元がHDDからクラウドサーバーに移ったことで「バックアップは不要」と考えている方が多い。その認識は大きな間違いであるのをご存じだろうか。

 確かにデータはローカルではなくクラウドという安全な場所に保管されている。しかし、それは単なる保管でありバックアップではない。もしデータを誤って削除してしまったり悪意ある攻撃を受けたら復旧は不可能。これは現在多くの企業で利用されているMicrosoft 365も同様であり、バックアップを中心としたデータ保護と管理に関する仕組みを導入すべきだ。

 本特集では、Microsoft 365 のバックアップにフォーカスした資料を用意。1つはMicrosoft 365 バックアップの重要性について7つの理由で詳しく紹介。もう1点はMicrosoft Teams のバックアップに関する詳細資料。オンラインコミュニケーションツールとしてTeamsの重要度が増しているいま、バックアップに関する解説は目を通しておきたい。