資料の紹介

 ここ最近、工場、製造プラントを狙ったサイバー攻撃が世界中で増加している。日本企業でも製造大手と呼ばれる複数の企業がランサムウェアをはじめとするサイバー攻撃により操業休止や停止に追い込まれた。なぜ最近、製造業での被害が拡大するようになったのか? その要因として挙げられるのが運用技術(OT)のオープン化。かつて製造業の制御システムはクローズドな環境での運用が中心であったため、サイバー攻撃とは無縁とされていた。しかし、DXの推進とともにインターネットとの接続、オープン化が進んだことでサイバー攻撃の脅威に晒される状況となっている。

 本特集は、重要インフラ、特に製造業におけるサイバーセキュリティの重要性を理解してもらうための最新資料を用意。製造業におけるサイバー攻撃の傾向を解説、さらにサイバー攻撃について製造業の経営者やIT担当、コンプライアンス担当などがどういう課題を抱えているのかを詳しく整理している。サプライチェーンの一翼を担っている製造業で生産休止、停止が生じれば、広範囲かつ深刻な影響を及ぼすことが予想される。いち早くサイバーセキュリティへの理解を深めておくべきだろう。