カメラで撮影した映像データが、土木現場の課題解決のカギになる

 日本企業が直面する人材不足問題。特に、労働集約型産業である土木業界は、少子高齢化の影響を大きく受けている業界の1つといえるだろう。

 問題を解決するには、現場の自助努力に頼るのではなく、生産性向上に向けた仕組みを整えることがカギになる。多彩なITソリューションや、先進のデジタル技術を駆使することで、少ない労力で多くの成果を出せる仕組みをつくりあげることが急務だ。

 多くの企業が取り組みを進める中で、効果につなげる企業も登場してきた。一例が、スーパーゼネコンの1社である大林組だ。同社は、ソリューションベンダーのセーフィーが提供するクラウドカメラソリューション「Safie Pocket(セーフィーポケット)」を各現場に導入。これをフル活用することで、複数の現場の作業状況や進捗状況を、離れた場所にいる管理者がモニター経由で確認できる環境を整備。圧倒的な生産性向上を実現している。

 また、Safie Pocketの大きな特長が、クラウド上にデータを保管できる点にある。大林組は、この機能を活用することで、蓄積した熟練技能者の作業映像を若手の育成に役立てることも計画している。まさに、現場の生産性向上と未来を担う人材育成、両面の課題解決につながる仕組みを具現化したケースといえるだろう。

 同社がSafie Pocketを採用した理由、さらにその活用による今後の事業の在り方はどのようなものなのか。大林組とセーフィー、両社のキーパーソンに話を聞いた。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。