資料の紹介

 BI(ビジネス・インテリジェンス)ツールは、経営者の意思決定を支援するツールとして企業に浸透してきた。しかし、社内に蓄積したデータを収集して可視化するだけでは、経営分析の一歩手前の準備段階でしかないと不満を持つ経営者が増えている。

 BIツールを活用するには、必要な社内データを漏れなく収集しなくてはならない。しかし、縦割り構造の企業では、各部署が独自のデータ形式を使っていたり、データクレンジングが必要な状態のままだったりする。データを統合できたとしても、BIツールからの情報を読み解き、分析結果から経営戦略に生かすBA(ビジネス分析)となると、ほとんどの企業が未着手の状態だ。

 本資料では、経営者が抱えるこうした課題をターゲットに開発された「提案型BAサービス」を紹介する。ITと経営の両面で高いリテラシーが求められる分析人材に代わって、ITの力で分析スキルのノウハウを活用し、次に取るべきアクションを提案する。経営者の意思決定をサポートするビジネスパートナーになることを目指したという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。