資料の紹介

 企業の意思決定におけるデータの重要性は、近年ますます高まっている。データを駆使する企業が、データから得たヒントをもとにイノベーションを生み出してビジネスを成長させ、勝ち残っていく一方で、そうでない企業は溢れるデータに翻弄され、成功のチャンスをみすみす逃している状況だ。

 こうした課題への処方せんとして最近着目されているのが、データを自動的にソートして優先順位をつけ、データに潜む有用な洞察を迅速に導き出す「自律型テクノロジー」である。自律型のシステムがもたらすメリットは、ITに限らずビジネス全体に好影響を与え得る。しかし、その実現にあたっては単にシステムを自動化するだけでは不十分であり、個々のシステムが密接に相互連携することが重要だ。

 本資料では、ビジネスにおけるデータ活用に関して、世界各国の企業の経営者や取締役、担当部長など約5500人に聞いた調査の結果を紹介する。データを駆使する「データ・リーダー」の割合は米国がトップで、欧州諸国が2位となった。アジア太平洋およびアフリカの諸国はデータ・リーダーから学ぶ余地があると言える。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。