資料の紹介

 現在、多くの企業がデータを分析し、ビジネスに役立つ知見を引き出すことに取り組んでいる。たとえば、航空会社であれば、運行データやチケットの購買データ、天候など、さまざまなデータを組み合わせて遅延の原因を分析し、対策を立てられれば、ビジネスを優位に進めることができる。こうした取り組みは、あらゆる業種・業界で活発化している。

 ただし、そのためにはIT部門への負担が大きい。データを蓄積するデータウエアハウスの構築やデータベースのチューニング、パッチ適用など、データの蓄積・分析を支えるシステムを構築・運用・保守するには、IT部門による多大な労力が必要だ。しかし、現在はクラウドと「自律型テクノロジー」によって、こうした作業は自動化されつつある。人手に頼らなくても、データベースの構築やパッチ適用などが可能になっているのだ。

 その結果、可能になるのが、現場スタッフによるセルフサービスのデータ分析だ。本動画では、自律型テクノロジーを備えたデータベース管理ソフトの最新情報と、それによって実現するデータドリブンな企業の姿が示される。データ活用に取り組むすべての企業に、ぜひ視聴してもらいたい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。