資料の紹介

 2016年度の電子帳簿保存法改正以降、経理書類の電子保存に対するハードルは格段に低くなった。さらに2020年10月の規則改正で、領収書や請求書などの電子保存に対するハードルも大きく下がる。ペーパーレス化によって経理業務の効率化と経費の適正化を実現する絶好の機会と言える。

 経理処理のペーパーレス化によって企業は、大量の領収書の保管に伴うコストやリスクから解放される。さらに人為ミスも解消し、経理事務は大きく効率化、人員をより戦略的な業務に振り向けることができる。しかし、新しい仕組みを使いこなすためのITリテラシが必要になるとして、導入に躊躇(ちゅうちょ)する企業もある。

 本資料では、ペーパーレスの経費精算プロセスを導入し、無理なく定着させるために知っておきたい「10のポイント」を解説する。あわせて、メディアや不動産・運輸など多様な業種で累計500社以上の導入実績があるという、ペーパーレス化にフォーカスした経費精算システムを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。