資料の紹介

 デジタル変革時代の現在、ビジネスには意思決定の速さが求められる。ここで足を引っ張りがちなのが申請、承認、決裁といったりん議プロセスの複雑化だ。また、決裁の依頼が集中する上位の役職者に“承認疲れ”が起こるという問題もある。今こそ、ワークフローを根本から見直す時期だ。

 まず考えるべきは、複雑に絡み合った社内のワークフローの一元管理である。全社的な業務プロセスを改善するBPM(ビジネスプロセス管理)ツールや、申請、承認、決裁を簡単に設定できるワークフローツールの導入が効果的だ。次に考えるべきはワークフローの迅速な見直しである。ビジネスの拡大やデジタル変革に対応しながら、よりシンプルかつスピーディーに承認できるようワークフローを見直していく。

 本資料は、名刺管理サービスを提供するSansanがSaaS型ワークフローシステムを採用して、業務効率改善を図った事例を紹介する。ワークフローの変更をしやすいツールを導入して、見直しのスピード感を高めた。また、「人」ベースではなく「承認する内容」ベースにワークフローを再設計した。りん議の手間と時間に悩む企業は参考になる点が多いだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。