資料の紹介

 デジタル革新の波がビジネスの現場に押し寄せている。それは課題解決のチャンスでもある。例えば、業務の高コスト化や人材不足といった課題は、AI(人工知能)を活用し、業務を省力化・効率化することで解決できる。しかし、日本の製造業では、AIの導入を先導する組織の不在や人材の不足により、AI活用がなかなか進展していない。

 経団連(日本経済団体連合会)は、企業、個人のAI-Ready化を提言している。企業はAIやデータを使いこなせるAI-Readyな企業に変化し、すべての事業でAIを活用することで、自らを刷新できる。個人については、トップから中核の人材まで、利用者それぞれがAI-Ready化し、意識改革を推進するとしている。そのためにはAIに強い組織づくりと人材育成が必要だ。

 本資料では、組織づくり・人材育成から実際の運用までをワンストップで支援するソリューションについて解説する。AI人材の不足に対しては、オンラインでAIなどの技術を学ぶことができ、会社や利用者のレベルに合わせた個別カリキュラムを組成するeラーニングを提供する。リーダー層に対しては、AIをどのように活用し事業に生かすのか、コンサルティングを通じて理解を深める。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。