資料の紹介

 IoTの導入は2017年から飛躍的に進んだ。しかし、IoTの導入はまだ、投資利益率を明確に確認できる特定用途向けの単一プロジェクトにとどまっている。IoTの価値をさらに高めるには、IoTデータを他のデータセットと融合して予測的・処方的アナリティクスに取り込み、複数の部門や組織にまたがるプロセスの統合で活用する必要がある。

 企業が次に取り組むべきなのは、IoTデータの戦略的な活用である。企業でのIoT導入が成功するか否かは、IoTデータを戦略的に活用して、IoTの価値向上に向けた道筋を策定できるかどうかにかかっている。そして、IoTデータの価値を引き出すためには人工知能(AI)が不可欠だと考えられている。

 本資料は英国の調査機関が継続的に行っているIoT導入状況をまとめたものだ。金融、製造、医療・薬品、自動車、インフラ、農業など、さまざまな業界の経営幹部にアンケートを実施。点数方式による“IoTビジネス指数”として可視化した。また、企業のIoT導入でリーダーやアドバイザーを務めた経営幹部などにもインタビューを行い、デジタル時代におけるIoTの重要性を浮き彫りにしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。