資料の紹介

 業務でのファイルの受け渡しに、無料のデータ転送サービスや外部記憶媒体を利用している企業は少なくない。しかし、こうしたやり取りには、宛先や添付ファイル間違いなどのヒューマンエラーを防止するための機能がなかったり、サーバー内暗号化がされていなかったり、インシデント時のトレースができなかったりといった、さまざまなリスクが潜んでいる。特に昨今のコロナ禍においては、これらのリスクを回避したいとする企業の動きが加速しつつある。

 そこで、情報漏えい対策として企業向けファイル転送サービスを利用する企業が増えている。こうしたサービスを選ぶ際には、標準機能で大容量データの受け渡しが可能かどうか、通数課金サービスのように想定外の超過料金が発生しないか、使い勝手に優れた操作性を実現しているかどうか、などがチェックポイントとなる。

 本資料では、これらのニーズを満たす純国産のセキュアな企業向けファイル転送特化型サービスを紹介する。ヒューマンエラー防止のための管理機能や、セキュリティトレース対策機能を備えることをはじめ、国内データセンターで通信経路暗号化とサーバー内暗号化による安心・安全なサービス運用を実現しているのが特徴だという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。