資料の紹介

 業種を問わず、顧客からの問い合わせに迅速かつ的確に対応できるか否かはビジネスの競争力を左右する。即時に対応できれば顧客満足度が高まるし、顧客対応を通じて潜在ニーズが見つかる場合もある。だが、問い合わせ対応は面倒な業務だ。量の多さに忙殺されたり、似たような問い合わせが多くてうんざりしたりする。

 コールセンターを設置して人手で対応するのも1つの手だが、アナログなやり方には課題もある。業務が属人化しやすいし、24時間365日のリアルタイム対応は難しい。運営コストの負担も大きい。こうした課題の解決策として期待がかかるのが、AI(人工知能)を活用してチャットに自動応答する「チャットボット」である。

 ただ、チャットボットには「顧客の質問を正しく理解できるのか」「顧客は使ってくれるのか」「運用が面倒ではないか」といった疑念が付きまとう。本資料は、最新のチャットボットについて解説して、こうした疑念への回答を示す。最新のチャットボットの質問理解力、ユーザーの利用を促すチャットのUI、使いやすい管理画面などを実感できるはずだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。