資料の紹介

 工場の製造ライン責任者、営業担当者を束ねる営業リーダー、複数店舗を統括するエリアマネジャーなど、企業には現場を預かる「現場管理者」がいる。多くの現場管理者は、作業報告書の作成、進捗管理、点検記録などの多様な業務を、紙やExcel、メールなどを使ってこなしている。

 そんな現場管理者は忙しい。報告書を残業して作成している現場管理者も少なくない。2020年4月には、働き方改革法に基づく残業時間規制の対象が中小企業にまで拡大された。現場管理者の残業を抑制し、限られた時間で効率的に業務をこなせる環境の整備は待ったなしだ。

 そこで検討したいのがスマートフォンで使える業務アプリだ。自社の業務に特化したアプリを活用すれば、現場管理者の負担は大きく軽減できる。とはいえ、アプリの作成を外注すると高額なコストがかかる。それを解決する手段として注目を集めているのが、システム部門でなくても自社の業務にマッチするスマホアプリを作れるツールだ。本資料では、4種類のアプリ作成ツールを比較し、現場が本当に使えるツールを明らかにする。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。