資料の紹介

 人工知能(AI)が話題になり、「自社でも取り入れてみたい」「業務効率化に役立てたい」と考える企業も多い。しかし、実際にAIを導入するとなると「どこに適用すればよいのか明確でない」「効果が分からない」など、さまざまな課題が存在する。そこで、本格導入前に導入効果を測定する「概念実証(PoC)」を実施する企業が増えている。

 PoCでは、仮説を立て、それに基づいてモデルを作り、目標とする効果が得られるかどうかを業務データなどを使って検証する。検証内容はプロジェクトにより変わってくるが、具体的に何を検証するかを決める際の大きな柱となるのは、「技術的な実現性」「費用対効果」「具体性」の3つである。

 本資料では、AIのビジネス活用を目指す企業が増えるにつれ、実施されることが多くなったPoCについて、「PoCで検証すべきこと」「PoCに着手する前に押さえておくべきこと」「PoCから先に進むのに必要なこと」の3つのテーマで解説。AI導入に向けたPoC成功のための“レシピ”を提示する。併せて、学習モデルの構築・運用を自動化し、開発期間短縮に役立つというクラウドプラットフォームを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。