資料の紹介

 経費精算や出張手続きといった経理、総務関連の案件から社内インフラに対する質問まで、企業の管理部門には、毎日様々な問い合わせが寄せられる。こうした対応に追われ、担当者の本来の業務に支障が出ることも少なくない。そこで、最近では、問い合わせ業務をチャットボット(自動応答プログラム)化する企業が増えている。

 チャットボットを導入することで、担当者の負荷を低減すると同時に、業務時間外の問い合わせにも対応可能となり、利便性も向上する。以前のチャットボットには、「意図した回答を得られない」「データの準備に時間がかかる」という課題もあったが、高性能の人工知能(AI)を搭載したチャットボットの登場により改善が進んでいる。幅広い質問に的確に対応できる環境を、最短1カ月と短時間で構築できるようになってきた。

 本資料は、社内問い合わせ業務をチャットボット化すべき3つの理由、チャットボットツール選定時のポイント、導入・運用の手続きなどを解説している。実際の採用事例や、具体的な導入効果についても知ることができる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。