資料の紹介

 アフターコロナの社会では、デジタル取引が大幅に増えると予想される。ペーパーレス化が不可欠となるが、紙の束縛からなかなか逃れられずにいる業界もある。不動産業はその代表格。取引時に膨大な書類に署名・押印する商慣習が続いている。

 そんなアナログな不動産業界だが、先進的な企業は売買契約のペーパーレス化を進めている。顧客を煩雑な作業から解放できるうえ、契約の迅速化やコスト削減にもつながる。コロナウイルスが完全に落ち着くまで、取引時の対面回数を減らせるメリットも大きい。ペーパーレス化を実現する鍵として注目されているのが「電子署名」である。デジタル技術を活用して、印鑑に代わって真正な成立を証明する。

 本資料では、いち早く不動産の売買契約に電子署名を採用した、投資用不動産を手掛けるイー・コネクションの事例を紹介。不動産業が契約業務をペーパーレス化するメリット、電子署名の導入時にクリアすべき懸念事項などを解説している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。