資料の紹介

 経済産業省が2018年に公開した「DXレポート」で広く知られるようになった「2025年の崖」。基幹業務を支えてきたオフコン(オフィスコンピューター)などのレガシーシステムがデジタル変革推進の足を引っ張り、2025年には膨大な経済的損失が生じさせるという指摘だ。

 多くの日本企業がレガシーシステムを抱えたままになっている。刷新・改修しようにも、開発者が退職していたり、仕様書が失われていたりする。オープンシステム向けパッケージで置き換える手もあるが、容易な道ではない。複数の製品の組み合わせになるからだ。過去のシステムと同様の機能を実現しつつ、安定して長期に運用できるシステムを構築するのは難易度が高い。

 そこで本資料が提案するのが、レガシー技術とオープン技術とのハイブリッド型。その鍵となるのがIBMのオフコン「AS/400」の後継機「IBM i」の活用だ。資料では、COBOLで書かれたレガシーシステムを移行する手法、PythonやNode.jsで書かれた最新システムを無理なく連携させるやり方などを解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。