資料の紹介

 「ITを活用した新規事業立ち上げ」や「事業コスト半減を可能にするような業務改善」など、企業のIT部門には今、新たな事業貢献が求められている。IT部門が従来の業務を遂行しつつ、こうした要求に応えられるようにするためには、組織を変革し、「余力」を持たせる必要がある。

 本資料は、企業内に分散するIT組織の役割分担を整理し、有機的なIT組織に再定義した上で、新しい役割を担うIT人材を確保・育成していく手法について解説する。IT組織変革を「将来像を含めた計画策定」「移行」「将来像の実現と組織的成長」の3段階に分け、それらをさらに細かいタスクに分けることで、漏れのない計画を策定し、着実に実践できるものにする。

 さらに、こうした組織改革の具体例を紹介している。基幹システムの全面刷新を進める取り組みや、デジタルイノベーション推進部門設立を目指す取り組みのポイントをつかむことができる。それぞれのIT組織が役割を再定義し、従来の運用保守業務などを社外に業務移管して、それにより手が空いた人材の適切な配置と育成を行い、新たな事業に貢献するIT組織への変革を実現した過程について解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。