資料の紹介

 新型コロナウイルスのまん延に伴う休校措置を受けて、文部科学省は全国の学校で義務教育を受ける児童・生徒への「1人1台端末」体制実現を目指す「GIGAスクール構想」の実現を、2023年度から2020年度へと大幅に前倒しする方針を打ち出した。

 自由度と学習効果を考えると、キーボード入力よりも「手書き」に対応したアプリが必要になることがさまざまな研究から明らかになっている。また、全国の児童・生徒が授業や自宅学習をスムーズに行えるようにするには、いつでも、どこでも、どのOSでも使える授業支援ツールの導入が望ましい。

 本資料では、その具体策として、手書きと文字の読みやすさにとことんこだわったというクラウド型のリアルタイム授業支援アプリを提案。その機能と特徴を、教育現場での使用例とともに紹介する。任意のPDFや画像をペーパーレスで配布し、児童・生徒が自由に書き込めるようにしており、従来のプリントを使った学習からもスムーズに移行できるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。