資料の紹介

 近年、人に代わって人工知能(AI)が自動的に回答する「AIチャットボット」の導入が急速に進んでいる。カスタマーセンターや予約/照会、社内ヘルプデスクなど利用シーンは様々ある。ただ、課題も浮き彫りになってきた。まず課題となるのが「品質」だ。導入前に大量の学習をさせないと、精度の高い回答を出せない。また、回答精度は学習データを作った人の力量によってバラツキが出てしまう。

 品質をクリアしても「コスト」の壁に当たる。優秀な学習データの作成作業は難易度が高い。専門家の育成や調達には、どうしてもコストがかかる。さらに「時間」の課題がある。導入時の学習データの準備、導入後のメンテナンスに膨大な時間がかかるのだ。

 最新のAIチャットボットツールは、これらの課題を解決する方向に進化している。本資料は、学習データの生成を自動化したAIチャットボットツールについて解説する。学習させたい質問と回答の組み合わせを用意すれば、AI学習に適した量とバリエーションのデータを自動で作成できる。学習データの品質が均一化されるうえ、事前準備の時間とコストを大幅に削減できる。運用開始後も簡単な操作でさらに賢く育てていける。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。