資料の紹介

 建設業の実労働時間は他業種に比べて格段に長い。原因の1つは現場のIT化の遅れだ。現場では図面のほか、メモ書きや打ち合わせ、点検などで紙の資料を多用する。この紙資料が問題だ。忘れ物があったら、事務所まで取りに戻らなければならない。紙は事務所に持ち帰り、残業時間を利用してパソコンで電子化する。

 紙の資料をデジタル化すれば、建設現場の働き方変革ができるはずだ。図面やデジタルカメラ、黒板を持ち運ぶ必要がなくなり、タブレット端末を現場に持っていくだけで仕事ができる。電子化の手間を省けるうえ、作業指示書や翌日の配置計画図、引き継ぎ簿なども現場で作成できるようになる。

 本資料では、建設現場での利用に特化したデジタル野帳アプリを紹介する。単純にペーパーレス化するだけでなく、スタイラスペンで手書きをしたり、タブレットのカメラで撮った写真や動画を貼り付けたりできる。共同編集機能も搭載し、離れた場所にいる複数の人が同じ画面見ながら相談できる。導入した現場からは「もう紙の野帳には戻れない」という声が上がっているという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。