資料の紹介

 企業が今後、ビジネスを継続し、持続的成長を遂げられるかどうかは、デジタル変革をはじめとするデジタル技術の活用にかかっている。デジタル変革と聞くと、斬新なフロントエンドの仕組みを作るといったことを想起しがちだが、バックエンドでの基幹業務システムがしっかり機能していなければプロセスは完結せず、業務品質も担保できない。

 受発注や売上管理などの基幹業務を支障なく回すと共に、ヒト・モノ・カネといった経営資源を最適に配分していくための屋台骨として不可欠なのが、ERPシステムだ。しかしその運用に目を向けると、旧態依然としたプロセスにより現場の負荷が高まっているケースが珍しくない。

 本資料では、ERPシステムの運用品質やガバナンスの水準を向上に有効な手法として、ITSM(ITサービス管理)の考え方を解説したうえで、ITSMに基づいた運用業務を実現するソリューションを紹介する。先が読みにくく、市場競争も激しい今こそ、企業の“体幹”とも言えるERPの運用業務にメスを入れるべきだと説く。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。