資料の紹介

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受け文部科学省は、小中学校の児童・生徒全員にタブレットやPCなどの学習用端末を1台ずつ配備する「GIGAスクール構想」の前倒しを決めた。だが教育の現場では「どのようにICT環境を整備すればいいのか」と戸惑う声も多い。単に端末を用意するだけでなく「本当に使える環境」を実現するにはどうしたらよいのだろうか。

 第1の条件は、先生も児童・生徒も、授業の新しい道具として無理なく使えることだろう。豊かな学びのためには、授業だけでなく、その準備や振り返り、授業研究といったプロセスのサイクルを円滑に回すことが必要であり、蓄積されたデータを今後の授業に生かせるようなICT環境の整備と活用支援がカギになる。

 本資料は、教育現場でのGIGAスクール構想実現に向けて基本的な知識を簡潔にまとめた小冊子である。「一人ひとりの可能性を引き出す」「授業を止めない」「先生の環境を整える」といった項目ごとに実現のアプローチやチェックポイントを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。