資料の紹介

 3K(きつい・汚い・危険)と言われる過酷な労働環境を敬遠されがちな建設業界では、労働者人口の減少に伴う人手不足が深刻だ。一方、再開発やインフラ工事などの案件は増え続けている。このジレンマを解消するにはICT(情報通信技術)やIoT(モノのインターネット)を積極的に取り入れ、作業を効率化するしかない。

 建設業界は、コロナ禍で工期にも大きな影響が出ており、働き方にさらなる変革が求められている。ここでもICTが鍵を握る。例えば河川に堤防を作る土木工事は現在、盛り土の高さを計測する作業員と建機を操作する作業員が2人1組で行っている。そこにICT建機を導入すれば、計測をICT建機が行うことで、作業員を1人に減らせる。ドローンを使った3次元測量なら、数人で何日もかけていた作業を1人で行うことができ、所要時間も数分だ。コロナ禍で懸念される人との接触を減らすことにもつながる。

 本資料では、建設業のICT活用について、現状の課題と今後の展望、ICT化で得られるメリットなどを解説する。現場の作業だけでなく、営業活動でもICT化が業務の効率化をもたらすという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。