資料の紹介

 コロナ禍でテレワークを実施しているものの、紙とハンコによる承認プロセスが残っているために出社せざるを得ないという話をよく聞く。あるいは、経費精算や稟議承認のワークフローなどを経理システムとは別に構築してきたために、一部の業務で手作業での連携を強いられている、といったケースも多い。

 会計業務のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進、随所にあるプロセス間の断絶を解消するにあたって欠かせないのが情報系と基幹系の融合である。しかし、多くの企業で、情報系と基幹系のシステムが個別に最適化されている、もしくはいまだ電子化/自動化されていない、といったことがDX推進の妨げになっている。

 本資料では、会計業務のあり方を根本から見直すとともに、組織全体の業務プロセス削減と業務スピード向上を支援するソリューションを紹介する。クラウドERP(統合業務パッケージ)と、「ワークフロー」「ダッシュボード」「業務ナビ」の3機能を連携させ、会計業務のDXを推進することが重要だとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。