資料の紹介

 2020年7月に発生した九州豪雨をはじめ、全国で大雨や台風による水害が頻発している。雨の降り方が激変したことで、被害はより甚大になる傾向がある。企業や組織には、これまで以上にきめ細かな水害対策が求められる。その1つが水位計だ。工事管理や水害予測のためのキーデバイスとなる。

 水位計が活躍する場所は河川、下水道、ため池、工事現場、工場、地下商業施設など多岐にわたる。ただ、水位計の設置を検討しようにも、水位計の利用実態に関するデータが少ない。世の中の企業や組織がどうしているのか、何に悩んでいるのか、ベンチマークとなる情報が不足しているのが実情だ。

 本資料では、水位計に関するアンケート調査の結果をリポートにまとめている。水位計の導入、設置、運用に関する実態から、水位計を設置したいができていない理由、利用中の水位計への不満といった課題まで明らかにしている。併せて、課題解決に向けた水位の遠隔計測・監視システムを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。