資料の紹介

 財務会計などの業務アプリケーションを、クラウドERP(統合業務パッケージ)に切り替える企業が増えている。クラウドの採用により、プロセスを合理化してコストを削減できると同時に、技術革新、事業規模の変化、ビジネスの変革に対応しやすくなるからだ。

 ただし、クラウドERPであれば何でもよいというわけではない。生産性や効率の向上を実現するには、世界各国で使える財務会計機能はもちろんのこと、基幹系の業務プロセスを網羅する必要がある。加えて、事業の成長に伴って容易に機能を拡張でき、多通貨や多言語、各国の法令などにも対応できなければならない。

 本資料では、世界203以上の国と地域で、2万1000社を超える導入実績があるというクラウド型ERPの特徴と導入メリット、導入企業の声を紹介する。モバイルやソーシャルメディアとも連携し、どのデバイスからでもアクセスできるため、「時代遅れ」になるリスクも低減できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。