資料の紹介

 固定資産税には、様々な減免制度や優遇制度がある。会社の所有する土地や社屋、償却資産など、固定資産税には、それぞれの資産に応じた免税点が、対象となる課税標準額を基準として決められている。登記方法によっては、固定資産税評価額が下がる場合もある。また、設備投資時や様々な状況に応じた減免制度、優遇制度が設けられている。

 これらの存在を十分に理解すれば、節税が可能になる。経理担当者には、課税対象とすべき資産内容から減価償却の仕組み、仕訳方法や納税時期などを正しく理解し、遅滞なく処理することが求められる。

 本資料では、法人の固定資産税について、経理担当者が知っておくべき基礎知識から節税に向けた3つのポイントまでを分かりやすく解説している。また、税制改正時にもスムーズに対応し、固定資産管理業務や関連書類作成業務を効率的に支援する各種ツールも紹介。その他、財務会計処理に向けた各種情報も提供している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。