資料の紹介

 企業が一定期間の経営状況を利害関係者に報告する財務諸表。これらの作成業務は言うまでもなく、経理担当にとって最も大切な業務の1つである。その中でも企業の経営成績を示す損益計算書、財政状態を示す貸借対照表、企業の資金状況を示すキャッシュフロー計算書は財務三表と呼ばれる。これらを分析することで会社の状況を確認できる。

 財務三表は様々な立場の関係者が様々な目的で利用する。企業の経営者にとっては、自身の会社の経営状況を確認し、今後の経営方針決定に向けた判断材料となる。取引先となる企業や金融機関は取引や融資時の判断材料として、投資家や株主は今後の投資を判断する際などにこれらを活用する。しかし、これらの資料から会社の経営状況やその安全性を確認するには、コツが必要だ。

 本資料では、損益計算書と貸借対照表の読み方のコツと、会社の経営状況や財務状況を正しく把握するための3つのチェックポイントを解説する。さらに、企業の財務会計担当者に向けて、様々な状況の変化に柔軟かつ迅速に対応し、業務を効率的に進めるための財務会計支援ツールなどの情報を提供する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。