資料の紹介

 ここ5~7年の間に、データの価値は格段に高まった。デバイス、アプリケーション、システムからそれまで以上に多くのデータが生み出されるようになると同時に、クラウドの普及によって、すべてのデータを保存することが、費用面からも現実的な選択肢となった。

 しかしその一方で、これらのデータを分析して得られた洞察をビジネスに生かし、その推進力とするために、どのような戦略をとるべきかが新たな課題となった。データの急増は続いており、データソースの多様化が進むにつれて、その扱いはますます難しくなっている。

 本資料では、データ活用を進めるための総合的なアプローチ「データフライホイール」について、実際に取り組んでいる企業を挙げながら解説する。データの管理と分析を自動化することによって、人的リソースを重要な業務に振り向けられると同時に、効率的なデータ主導型の意思決定プロセスが定着し、強力なビジネス推進力になるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。