資料の紹介

 AI(人工知能)、特に「機械学習」は様々な分野で成果を上げ、現在も進化を続けている。デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む企業は、機械学習をいかに自社のビジネスに取り入れ、新しい製品やサービスを生み出すかが重要なテーマとなっている。

 機械学習に取り組み始めると、社内に適任の人材がいないという課題に直面する。多くの企業は人材採用やパートナー企業探し、企業買収で不足している能力を埋めようとする。だが、機械学習の専門家はそう簡単に獲得できないし、一握りの技術人材だけに依存するとビジネス現場への実装がうまく進まない。

 本資料では、「機械学習への取り組みに適任の人材がいない」と悩む組織への処方箋として、現在の従業員のスキルを伸ばす方法を解説する。MIT SMR Connectionsが作成した資料で、社内の専門家を育成する方法だけでなく、組織全体のデータリテラシーを高める道筋も示す。専門家のスキル、専門家と連携する現場のスキルの両方がそろうことが、DXの成功には欠かせない。具体的に提示されたトレーニングと体制作りのノウハウは、必ずチェックしておきたい内容となっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。