資料の紹介

 データを探索し、ビジネスに役立つ知見を見つけることは、企業が競争優位に立つうえで必要不可欠だ。その一方で、日々のビジネスから生み出されるデータは、その量もバリエーションも飛躍的に拡大している。いかにして必要なすべてのデータを取得し、保存し、分析したらいいのか、苦慮している担当者も多いだろう。

 データのサイズ、複雑さ、ソースの多様さのどれをとっても、従来型のテクノロジーやアプローチはもはや通用しなくなりつつある。これまで別々の“サイロ”に保存してきたデータのすべてを一つのリポジトリに保存したうえで、各種分析エンジンと、AI(人工知能)を含む多様な方法で分析することが求められている。

 本資料では、これまでのデータ管理・分析基盤の課題を挙げ、その解決策として、すべての構造化データおよび非構造化データを一元化して保存できる「データレイク」について説明する。さらに、データソースからデータを抽出・処理し、分析を行うデータストアに保存するまでの「分析パイプライン」の作り方を紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。