資料の紹介

 今日、データはあらゆる企業の意思決定の中核にある。しかし、データ量が爆発的に増加し多様化するにつれて、オープンソースの分析プラットフォームは複雑さを増しており、豊富なリソースと専門性の高いITスタッフを抱える企業でさえ、分析環境を自力で管理することは困難になりつつある。

 本来、企業が時間とリソースを割くべきは、運用管理業務ではなくイノベーションであるはずだ。しかし、分析プラットフォームを自社で管理していると、パフォーマンス不足やスケーラビリティの欠如、運用の非効率、セキュリティとコンプライアンスといった課題を解決するのに時間や手間を取られてしまいがちだ。

 本資料では、自社で分析プラットフォームを管理する負担を解消する手段として「フルマネージド型の分析サービス」について説明する。ビッグデータ分析、ログ分析、リアルタイム分析という3つの一般的なユースケースにおける同サービスのメリットについて述べ、各ユースケースに適したフルマネージド型サービスを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。