資料の紹介

 クラウドへの移行は、多くの場合ビジネス視点からの評価により、経営判断として決定される。例えば、システムの柔軟性や拡張性が増すことで、ビジネス環境の変化に対応した素早い意思決定ができるようになり、成長、迅速なイノベーション、コスト削減を実現できるといった具合である。

 しかし、企業が従来のオンプレミス環境からクラウド環境へ移行する場合、データベース管理者の職務には多大な影響が及ぶ。オンプレミスでのタスクの多くが不要になる一方で、新たなタスクが増え、既存のタスクの一部は変化し、多くのタスクについて従来とは違った文脈から理解することを求められる。

 米O'Reilly Mediaが作成した本資料 (日本語) では、データベース管理者がクラウドデータベースを選択する際に役立つ情報として、基本的な基準やマネージド型データベースの定義、種類について説明している。さらに、クラウドにおけるデータベース管理者の役割の変化や、データベースをクラウドに移行する際のガイドラインを提示する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。