資料の紹介

 労働人口の減少やコロナ禍に対応するための業務改革の一環として、AI(人工知能)導入を検討する企業は少なくない。ところが実際にAIを導入している企業はまだ20%程度に留まっている。

 多くの企業で障壁となるのは、「AIで何ができるのかが把握できていない」「AIをどの業務に適用するかが決まっていない」「AI推進のための組織や人員が不足している」といったことだ。また、適用業務が明確になっていても、投資対効果が判断できず踏み切れないケースもある。

 本資料では、5年にわたり社内でAI活用を推進し全社への定着に成功した大手通信会社の取り組みそのものを、フレームワークとして提供するAI推進支援サービスを紹介する。社内でのAI推進方法の指南、各種AI研修、AI適用業務選定の3つの支援策により、AI導入企業が直面する障壁を解消するという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。