資料の紹介

 新型コロナウィルスのパンデミックにより世界中で経済や産業活動が停滞する中でも、有力製造企業はデジタル変革を積極的に推進している。ニューノーマルの経営環境ではデジタルサプライチェーンやデジタルマニュファクチャリングが主流になると考えられ、日本の製造業にとってもデジタル変革の推進は最優先課題だ。

 例えば、グローバルに展開するプロセス産業やエネルギー産業などでは、メンテナンス業務を資産管理の一部と見なしており、コンピューター化を主とした「第3世代」から、IoTやAIを積極活用してリアルタイムの状況把握と分析を可能にする「第4世代」へのシフトが始まった。しかし日本では、経営効果が見えにくいとして第3世代以前に留まっている企業が多い。

 本資料では、工場など大規模設備の保全業務を見直したい企業向けに、資産管理コストの全社的最適化の手法について解説する。トピックは「4次産業革命に向けたメンテナンスの世代交代」「企業全体の資産管理による経営効果」「経営効果を左右するメンテナンス理論」「メンテナンスのプランニングとパフォーマンス管理」など。最後に、それらを実現するための最新のITソリューションにも言及する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。