資料の紹介

 レガシーな基幹系システムを放置していると、デジタル変革(DX)ができないうえ、2025年以降に年間最大12兆円の経済損失が生じる――。経済産業省は2018年に公表したDXレポートでこう警鐘を鳴らし、経営者やIT関係者に大きな衝撃を与えた。危機感を持った企業はDX推進を見据えたシステムの刷新や導入に取り組んでいる。

 DXにはスピード感が求められる。そのため、パッケージソフトやSaaSの標準機能を使ってシステムを構築するケースが増えている。迅速かつ低コストにシステムを導入できるうえ、アップデートで素早く状況の変化に対応できる。ただ、パッケージソフトやSaaSの導入を自社だけでできる企業は多くない。現状業務の分析、最適な製品・サービスの選定、構築・設定には、それぞれ専門のスキルが必要になる。

 パッケージソフトやSaaSの導入を成功させる近道は、専門スキルを持ったパートナー組織の力を借りることだ。本資料では、パッケージソフトやSaaSの導入の成否を分けるポイントや、それを支援するパートナーの選び方を事例とともに解説する。「2025年の崖」を越えるヒントを確認してほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。