資料の紹介

 激変するビジネス環境の中、デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現が企業にとって重要な課題となっている。「アフターコロナ」の時代を生き抜くためにDXへの流れは今後ますます加速していくと考えられるが、ブラックボックス化したレガシーシステムが足かせとなっている。

 DX実現に向けた第一歩は、ブラックボックスとなっている既存システムの「見える化」だ。肥大化・複雑化した既存システムや属人化した業務を見える化し、全体像を把握することではじめて、計画的なシステム刷新や、不要なシステムの破棄が可能になるからだ。

 本資料では、DXに向けて見える化を実現するための可視化ソリューションを紹介する。散在するシステム資産の情報を一元化してシステムの状況を分析・評価することで、保守効率の向上、属人化の緩和、ドキュメントの鮮度維持を実現する。楽天カード、JFEシステムズなど金融・製造の大手企業を中心に300社超で実績があるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。