資料の紹介

 コロナ禍以降、社会全体が「ニューノーマル」と呼ばれる新しい行動様式に変化している。働き方では、オフィスに集まるスタイルから、テレワークを前提とした場所に縛られないスタイルへの移行が注目されている。これには、テレワーク下での情報漏洩リスクを低減しつつ、遠隔地とのスムーズなコミュニケーションを実現しなければならない。

 この両立は難題だ。情報漏洩リスクの低減に注目したテレワーク環境としては、仮想デスクトップ基盤(VDI)がある。だが、VDIは遠隔コミュニケーションの主要手段であるビデオ会議との相性が悪い。ビデオ会議では端末に高い処理能力が求められるが、それをVDIで低コストに実現するのは難しい。

 本資料では、仮想デスクトップ基盤(VDI)の仕組みと特性、ビデオ会議との相性が悪い理由を詳しく解説する。加えて、VDIに近い情報漏洩対策をしつつ、快適にビデオ会議をできるテレワーク環境を低コストに作る方法を紹介する。テレワークが本格的に定着する時代を見据え、「データレスPC」と呼ばれる新形態を確認しておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。