資料の紹介

 アプリケーションが市場競争力の中核を担う。そんなビジネスが増えている。しかし、従来型のインフラ、従来型のソフトウエアアーキテクチャーの組み合わせで作られたアプリケーションは、デジタル化に伴う新たな需要にタイミングよく対応できず、保守費用もかかることから企業の重荷となっている。

 こうした企業にとって、クラウドネイティブな形にアプリケーションを組み替える“モダナイゼーション”の取り組みは、喫緊の課題だ。モダナイゼーションをうまく進めるには、長年にわたって企業に蓄積された“技術的負債”を考慮したうえで、タスクの優先順位や、スタッフと予算の配分を適切に決定することが重要だ。

 調査会社IDCが作成した本資料では、企業がアプリケーションモダナイゼーションを最優先させるべき理由について、ホテル料金の比較サイト「トリバゴ」などを傘下にもつオンライン旅行会社、米エクスペディアグループにおける取り組みを交えて詳しく解説する。「共通性/再利用」「迅速なデプロイメント」「DevOps」などに関して得られた成果と教訓が紹介されている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。