資料の紹介

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、イベントの開催や対面での営業が難しくなった今、リード(見込み客)を獲得する手段として大きな期待を集めているのが、オンラインによるセミナー「ウェビナー」だ。ただ、準備や集客、獲得した見込み客への働きかけを担う「インサイドセールス」について、具体的な進め方が分からないという企業は少なくない。

 ウェビナーは従来のセミナーと比べて集客がしやすく、会場コストがかからず、録画して再利用できるなど多くの利点がある。参加者にとっても、遠方から気軽に参加できることは大きなメリットだが、それだけに「ホットでない」参加者が多くなる懸念がある。また、途中で自由に離脱できるため、講演は短時間に収めるとともに、参加者の集中力を維持する工夫も大切だ。

 本資料では、ウェビナーで優良なリードを獲得したい企業に向けて、企画・準備段階から、開催後のアフターフォローまでの各段階について、重要なポイントや注意すべき点を具体的に示している。あわせて、ウェビナー集客からアフターフォローまでを支援するサービスを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。