資料の紹介

 AI(人工知能)は、企業が競争優位を獲得するための鍵となる存在だ。AIへの取り組みは今や、収益の増加や従業員の生産性向上、顧客体験の改善といった重要なビジネス上の目標を達成するための推進力となり、デジタル変革における最優先事項の一つであるとみなされている。

 しかしながら、AIを既に導入している企業も、適用するAIユースケースを企業全体に拡張することの難しさは認めている。機械学習をベースとするAIシステムは訓練用データよりも優れたものにはならないので、AIシステムを成功させるには、適切に準備され、収集された膨大な量の訓練用データが必要になるからだ。

 本資料では、AI活用状況について、欧米や日本、オーストラリアなどの企業の意思決定者518人に聞いたオンライン調査の結果とともに、AIの拡大に向けた推奨事項を示している。設問は、AI導入の目的や進捗状況、活用するデータの種類、解決課題、ビジネス上の利益など。AI活用を拡大した企業はそうでない企業に比べ、各業界で最も急成長する企業となる可能性が約7倍だったという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。