資料の紹介

 生産現場の良否判定や設備保全の水準を引き上げるには、現場でデータを収集し、そのデータを人工知能(AI)によって分析することが不可欠だ。こうしたデータ分析には、Webアプリケーションなどを中心に、プログラム言語Pythonが広く使われている。

 産業分野でも、様々な産業機器に対応するコントローラーがPythonやAI関連ライブラリーをサポートすれば、生産現場へのAIの導入と活用は容易になる。実際に、情報システムを制御するIT(Information Technology:情報技術)から、工場や社会インフラを制御するOT(Operational Technology:運用技術)まで、あらゆる分野の産業機器へのAI導入を支援する産業用コントローラーが登場している。

 本資料では、PythonやAI関連ライブラリーに対応した産業用コントローラーについて、開発可能なAIアプリケーションや、モジュールのラインアップなどの詳細を紹介している。例えばAIアプリについては、生産現場での良否判定や、設備保全を支援する部品寿命予測といった例を挙げて具体的に説明している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。