資料の紹介

 建設業にとって、人手不足と長時間労働の是正は喫緊の課題だ。現場には様々な非効率が存在する。そうしたなか、大林組、前田建設工業、三井住友建設、青木あすなろ建設はITを活用して、それまでより短い時間で成果を出せる環境を作り上げた。

 例えば、大林組ではタブレット端末上で動作するデジタル野帳アプリケーションを導入。事務作業に費やしていた時間を削減した。千住関屋ポンプ所の建設現場では、パトロール報告書を事務所まで戻らずに作成できるようにした。このほか、職長に聞き取りと確認をしながら作成していた打ち合わせ簿を、各職長が現場で10分程度の入力をするだけで作成できる環境を整えた。

 本資料では、大林組のほか、前田建設工業、三井住友建設、青木あすなろ建設の現場変革事例を紹介する。ITをどのように生かすと、建設現場のどういった業務を効率化できるのか。建設業のIT担当者や業務改革担当者に役立つヒントが満載だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。