資料の紹介

 年末の賞与や年末調整などの忙しい時期を乗り切った経理担当者を、新年に待ち受けているのが固定資産税の償却資産に関する申告である。会計処理や現物実査、台帳の作成、減価償却費の算定・計上、償却資産の支払い、資産の移動など、固定資産管理の主な業務については一通り理解しておきたい。

 これらの業務をスムーズに進めるには、何よりも実際の資産状況を把握することが大切だ。そのためにはまず、管理の方法を明確にルール化し、社内で共有しておくことがカギとなる。工場などさまざまな現場から報告される資産情報は、必ずしも正確とは限らない。不要になった資産を自己判断で処分したり、了承なしに新しい固定資産を購入したりすることもある。

 本資料は、経理の初心者向けに、固定資産管理についての基礎知識を10分程度で読めるようコンパクトに解説している。あわせて、要注意のポイントや、煩雑になりやすい固定資産管理を支援する製品やサービスも紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。