資料の紹介

 営業活動の可視化や意思決定の迅速化を図って「Salesforce」を導入したものの、導入前に思い描いていたような効果が出ない――。営業の企画推進・戦略立案を担う部門から、このような声が聞かれることがある。そんな企業には、いくつかの共通する課題がある。

 例えば、現場の営業の入力率が低く、売り上げの状況を正確に把握できないため、結局Excelでのレポーティングが残り、二重管理になってしまっているケース。データを蓄積してはいるが、具体的なアクションに結びつけることができていないというケースもある。

 本資料では、データをリアルタイムに集計・可視化することでこうした悩みを解決する仕組みとして「BIダッシュボード」を提案。そのポイントと実際の導入事例を紹介する。Salesforceの本来の効果を引き出すうえで、データ活用がどのように寄与するか、蓄積したデータを営業戦略に有効活用している企業がどのような成果を生み出しているかがわかる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。